課題ガガガ

どうも課題に追われて眠すぎのくろかずです。学名がありましたが2年連続で初戦負けでした。不満は残りますが、前夜がとても楽しかったので良かったです。いろんな話題や本音のぶっこみなどがあり本当に参加できて良かったですwww

さて学名も終わりました。今の生活をC言語のfor文っぽく書いてみます。

for(day=0;day<??;day++)

{起きる→学校行く→授業受ける→部室に顔だす→すぐ課題やりに行く→帰る→寝る}

あと何日こんな生活なんですかね…。悲しくなってきたのでこの辺で。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

定跡を勉強する意味

昨日に引き続いてトミーです、今日は竹内先生の指導日で将棋を教わったのですが対局が始まる雑談の時間に

竹内先生「昨日のブログ見たよ、俺マリオ使うんだけどどういう戦型が向いてるかな?」

と言われ戦慄しました。

トミー「な…なんでもできる居飛車とかどうですか?」

と言ってみたんですけど自分竹内先生相手に何言ってるんですかね

自分の話になりますが将棋の勉強方法として棋譜並べと定跡書を読むってのが好きでよく部室で定跡書見ながら並べたり後輩捕まえて将棋年鑑を一緒に並べたりします。その時間の半分ぐらい詰将棋解けばもっとつよくなれるんでしょうけどどっかのプロの先生が楽しんでできる勉強方法があればそれだけでいいんだと言っていたのでそれだけを拠り所に定跡覚えたり、棋譜並べたりしています。

それで本題に入るのですが部室でしこたま並べているとこう言われることがたまーにあります

「定跡って勉強する意味あるの?」

「その局面になる事自体殆ど無いんだからやる意味ないんじゃない?」

まぁある意味その意見もあっていて定跡を勉強している人は不利な変化に突っ込んできませんし勉強してない人は途中で外れるから定跡など使えない(高段クラスになれば外れても定跡通りにさせることもあるでしょうが…)

自分も定跡や棋譜を丸暗記することに意味はないと思っています。その意見を出してくれた人が思っている通り定跡通りになることは殆ど無いと重々承知しています。

しかしその指摘をする方々は少しだけ勘違いしているかと思います。定跡や棋譜は完璧に覚えるためにではなく強い人の考えていることの一端に触れることであるということでもっと細かく言うと強い人がどのような構想を用いどのような手筋を狙うのかということを理解し自分に取り込むために必要であると自分は考えています。

「~~さんは定跡を勉強していないけど強い」

と言った反論もまた受けることがありますが、その強い方々の知識や経験の集合体が定跡や棋譜であり、その強い方々の感覚に独力で何もないところから考えるよりも定跡や棋譜と言った下拵えを用いるほうが近道であることは間違いないです。

定跡や棋譜並べが嫌いな方もいるとは思いますがたまには並べてみたりしてみるのもいいのではないでしょうか

最後になりますが今日はakiくんに部室でしこたま相居飛車の力戦に持ち込まれまくってボコボコにされたのでやっぱり将棋は中終盤だねってことを言ってここでしめます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

初心者の戦型選択について

最近なぜだかずっと将棋をしている気がしてならないトミーです、例えば19日なんかだと一限終わっての午前11時から午後11時まで帰宅や飯を食う時間を除いたら将棋見たり指したりしていたような気がします。将棋部に入る前違うサークルに居た時は9*9マスと一日にらめっことかじゃなくて女の子とうふふあははって出来ていたのに…

将棋をまず初心者に何を教えるかということが最近話をすることが多いです、将棋まともに初めて2年?の自分も教えることが多くなりこのことで実際悩んでます。教え方自体は一手詰みから三手詰めまでを目指すっていう終盤から入る教え方や月並みですが駒落ちっていう方法とか、まぁいろいろな数多くの方法がありどれも良いと思います。

初心者から初級者へという方法はこれらで良いとは思うのですが初級者になり平手でちゃんと将棋を指せるようにとなった場合にはまず居飛車か振り飛車か振り飛車の中でもゴキ中・石田・四間と数多くありどれかを選択しなければなりません。

よく聞く話では教えるほうが四間飛車が楽だから四間飛車を教える、教えるほうが楽だから教えている人がよくやる戦法を教えるなど戦型選択が教える側が決めることになっていることが多いです。

自分が教える際には戦型選択はRPGで表すなら職業選択、格ゲーで表すなら使用キャラ決めなんかっていう重要なことでその後の将棋人生を左右すると思っているのでその子になるべく良さそうな提案をしようと思っているのですが中々難しいです。

例えばゴキ中だと5筋の位を取っているところが主張であるとか石田流であれば飛角銀桂が使いきれているところが主張であるとかどうしても将棋用語を使うことになりわかりやすさを逃してしまっているように感じます。しかしわかりやすく伝える方法も難しくざっくり言おうとすると石田やゴキ中は攻撃力が高いよって言い方になってしまいがちです。

考えた結果最近来た子には

トミー「君スマブラとかゲームやる?」

初「はい、スマブラやります」

トミー「使うキャラは?」

初「ヨッシーです」

トミー「崖で待って卵産んだりする?」

初「はい」

トミー「じゃあ君四間飛車ね」

ってな感じで戦型選択をしてあげたのですが自信は持てません

例えば車の話になりますが最初にホンダに乗ったからずっとホンダ、最初にトヨタに乗ったからトヨタにずっと乗るなど将棋でも入りが四間飛車だったからから今もずっとということも多く非常に重要な事であるのでその子に合ったものをなるべく選んであげたいですね、以上自分の戦型選択に自信を持てなくなってきたトミーでした。

追伸 どなたかこの記事を読んでいい方法を知っている方はTwitterもしくはこのブログのコメントに書いていただけるとありがたいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする