年末の自己紹介

しゅがー君からバトンを引き継ぎましたまっつんです。4月に入学してもう次の1年生が入ってこようって時に何を自己紹介することがあるんですかね(呆れ)
将棋は大学から始めたのでクソザコです、振り飛車をよく指しています。秋季個人戦では運良く予選通過できたので気が向いたら上を目指したいなぁと思っています。長い挨拶は嫌われるって将棋強い人が言ってたのでこれぐらいにします。
次のブログは一年の紅一点やんきーです、気の利いた挨拶を期待しています。

カテゴリー: ブログリレー | コメントする

勝ちやすさの話

お久しぶりです、トミーです。今年はさすがに卒業するので最後に記念としてブログ書いていきたいと思います。

 

「堅いから実戦的に勝ちやすい」

現在ではソフトの影響で囲いは金銀の連結を作るだけでがちがちに囲う将棋は少なくなってきていますが、上のようなことは未だに聞きます。実際に勝ちやすさを感じる方がほとんどじゃないでしょうか。

しかし、ソフトに単純な穴熊をかけてみると思ったほど評価値は伸びません。戦いが始まる前は評価することも多いですが戦いが始まってしまえば互角なことが多いです。ではなぜ玉の堅い将棋は勝ちやすいといわれているのでしょうか

では

「なぜ玉が薄いと勝ちにくいのか」

玉が薄いということは、囲いに使う駒を前に出しているということでほとんどの場合、相手の攻め駒を抑える働きをしており将棋の形成判断の指標である

堅さ 手番 駒割り 駒効率

という点で判断すると堅さの部分は下がるものの、駒効率という点では勝っているため駒を前に出したために悪くなるということはないはず。ではなぜ勝ちにくいのかということを考えるために駒効率についてもう一度考え直す必要性があります。

当たり前ですが、駒効率とは駒が急所に効いている数です。そしてもう一度掘り下げてみます局面の急所とはなんでしょうか。これまた当たり前ですが中盤は戦いが始まっている場所、終盤は玉周辺です。つまり駒効率とは他の指標と違い変動する指標なのです

玉の薄い将棋は変動する指標である駒効率を堅さという絶対的な指標に劣らないよう常に保っていなければならないという点から勝ちにくさが来ているのではないでしょうか。正確に言うならば勝ちにくいではなく指しこなすのが難しい、難易度が高いと言えると思います。

もっと言ってしまえば、棋力が低ければ低いほど難易度の低い玉の堅い将棋が勝ちやすくなるともいえるのではないでしょうか。最初から穴熊を使うと頭打ちになるとよくハッティー先輩に言われてたのはそういうことだったんですかね

以上堅くしてミス待ちに徹してれば勝てるようになるんじゃないかと期待してるセコい男トミーでした。

 

 

 

 

カテゴリー: コラム | コメントする

将棋欲と食欲がハンパない男の自己紹介

どうも、こんにちは!今回のブログ担当のしゅがーです‼ 理工学部一年です。
一人暮らしで、偏食かつ大食で常に腹を減らしてます。              (我ながら、大丈夫かな・・・。)
ほかの部員からは、佐○くん(ふつう)、サ〇ゥー(よくある)、しゅがー(ほぼ呼ばれない)、T75(背が高いからだそうで)、さぷー(特定の一人からでわからなくはない)、ぷー(?)と呼ばれてます。

いろいろなあだ名で呼ばれるのは馴染んでいる証拠なので、嬉しいですね~。

さて、先日行われた中部秋個人戦に参加し、予選1勝2敗で敗退でした。敗退は悔しいですが公式戦で初めて勝ったのは素直に嬉しいです。しかし、負けた将棋は自分から崩れてしまったことが原因なので、様々な人からのアドバイスを受けつつ棋力向上のための勉強に励みたいと思います。目標は、個人戦ベスト16入り以上です‼

将棋欲はハンパないので(ひたすら指したいのです)。

以上で、簡単ながら自己紹介を終わらせていただきます。

それでは、次のブログをクールガイのまっちゃんにお願いしたいと思います。

カテゴリー: ブログリレー | コメントする