中学生英語でもいいから英会話を話せ!

Image Replacement

世界経済が収縮する中、国内も収縮するため自ずと海外に出ていかなといけない時代になってきました。
その時、必要になってくるのが国際語である「英語」です。
必要最低限の言語能力で来る時代に備えなければいけません。

英語の必要性

日本で生まれ日本で生活していれば英語に接する時って学生の時ぐらいじゃないでしょうか。
そして仕事や日常では英語など必要がないと思ってはいないでしょうか。

でも、よ〜く周りを見てください!
今までで、英語がわからなかった為に後悔した経験は無かったでしょうか。
英語でしか書いていない商品や説明書に苦戦したことはありませんか。
街中の看板やお店のメニューなど英語で書かれたもので友達や同僚に恥をかいた経験はないですか。

英語が話せないので、知らず知らずのうちに外国の方を避けていませんか。
英語が話せればもっとビジネスチャンスがあったのに、という経験をしたことはありませんか。

英語と言わず語学や勉強というのは自分の意思がないとできないものです。
誰かに強制されてするものでもないです。

社会人になってからふと思うことは、本当に学びたいことが出てきたときは、
自分で受講料を出してでも勉強をしたいと思いますよね。
高い出費でも自分が興味のあることについては全然惜しくない。

いろんな意味で未来への自分への投資は、楽しいものです。
ある程度社会経験を積んだほうが何を学びたいかが分かってくるのかもしれないです。
時には自分の考えや人の意見を素直に聞くことも必要です。

そうして「やりたいと思ったときが適齢期」なのです。

何事も始めるには遅くないです。
やりたいことが見つかったのならぜひ挑戦していくべきです。


さて最近、国内の景気が今までと異質になって来ていると思いませんか?
それは海外も一緒で全世界的に経済が縮小しているからです。
これからもっと小さくなって行くのでしょう?!
勿論、国内も更なる縮小で不況が長引くことになるかも?
更に少子高齢化で消費は確実に縮小します。
国内で商売が厳しくなれば、規模の広い海外で商売をと考えるのは自然の流れになって行きます。

そこで英語の出番なのです。!!

よく考えてみて下さい。
アラブで石油の取引をするときも中国で輸出入の貿易をするときでも全て米ドルで取引(一部例外を除いて)されます。
その時、使われる公用語は英語(米語)なのです。フランス語でもスペイン語でもないのです。
ましてや中国語でもないのです。

これから起こるリスクは英語でカバーする時代が来るのです。
例えば、楽天のように会社の公用語が英語になったり、会社を東南アジアにまとめて引越して
先ずは英語でコミュニケーションを取るなんてことになるかもしれません。

必ず英語の必要性は高くなってきます。
今のうちに友達や同僚、上司の一歩先に出るチャンスです。
とにかく、会社から解雇されない人物になることです。
リストラの条件になる前に…



  ※無料レポート差し上げます。

勉強しないでできる英会話マスター術

一度覚えたら頭から抜けなくする英単語徹底記憶法

あなたの英語を「使えない知識」から「使える技術」へと進化させる方法



マネーパートナーズを紹介