catchy copy

フルコミッション

近頃のフルコミッションの就職観の傾向はどのような感じなのでしょう。


最近の傾向として、世界的な不景気の影響もあり、新卒者の採用を減らす企業が増加しています。
どのようなフルコミッションの就職観を、就職率が低迷している中、学生達は実際に就職活動をしているなかで持っているのでしょう。


学生の就職観で最も多かったのは、楽しく働きたいという事が、とある調査によってわかりました。
ほかに多かったのは、個人の生活と仕事を両立させたいという意見だそうです。


ほとんど20年前に調査された就職観と変化していないということです。


最近の学生のフルコミッションの就職観には、人のためになる仕事をしたいという意見も多々あります。
就職観にボランティア精神を盛り込むのは、以前と比較して変化している部分だといえるようです。


多くの現代の若者は、社会という組織からの制約と合わせて、自己を生かそうとする気持ちをバランスよく就職観として考えているのではないでしょうか。


フルコミッションの就職難の時代においては、興味のある仕事や自分のやりたい職業に就くことは、とても難しくなっているのも事実です。


就職へのポイントとなるのは、後はいかに自分にとってやりがいを見出すかではないでしょうか。


会社や仕事だけにとらわれるのではなく、自分自身への充実した時間の過ごし方や社会への貢献などについても含めて、広い視野で自分の満足するフルコミッションの就職観を持つことが重要だと考えられます。