社会改善のためのインパクト評価研究会            
                                    
                              Impact Evaluation Study Group for Social Betterment in Japan
                                           
                                           1st_meeting_pic1
  
                                                 2012年10月設立  最終アッ プデート:2013.02.14
                                                                                                

                                                                
研 究会立ち上げの背景および目的

 
  開発援 助プログラムがもたらした改善効果(インパクト)を明らかにするために、きわめて厳密な方法を用いる「インパク ト評価」(Impact evaluation)が世界的に普及してきました。こうした背景を踏まえて、本研究 会は以下の2点を目的として実施します。研究会メンバーは原則として開発コンサルタントであり、開発コンサルタ ントして切磋琢磨して能力を向上させることに重点を置きます。

1)イ ンパクト評価の理論・技法と適用事例を学ぶことを通じて、インパクト評価の実施能力を身につけます。

2)イ ンパクト評価を通じたより良い事業選択と実施過程への改善への貢献方法に関しても議論します。また、可能であれ ば事業実施者に対するインパクト評価実施の促進のための提言をまとめます。



                 
                             
今後の活動スケジュール

 2012年12月26日(水)第 2回研究会(講師は大阪大学大学院国際公共政策研究科の
神谷祐介先生)を開催しました。第3回研究会は、2013年3月を予定しています。




第2回研究会
  
  日時:2012年12月26日(水) 16:30〜18:00  食事会は18:00〜19:00(会費制)

  場所:グローバルリンクマネジメント  研修室
  議 題:
インパクト評価の事例(1):タンザニアの病院のおけ る KAIZENの事例
  講 師:神谷裕介(大阪大学)
  議 事録:  ダウンロード
  配 布資料: 準備中
  
第1回研究会
  
  日時:
2012年10月5日(金) 18:00-20:00
   場所:国 際開発センター A会議室
   議 題: 1)研究会の趣旨説明と今後の活動計画について
       2)招待講師による講演(講師:青柳恵太郎氏(東京大学/JICA))

  議事次第 :ダウンロード
  配布資料 :
     
(1) 研究会実施案(事務局作成)
     (2) 研究会パンフレット(事務局作成)


                         

                         研究会事務局   
                          
国際開発センター(IDCJ)評価事業部
                          グローバルリンクマネージメント(GLM)

                                       
                                   連絡先:

                  renrakusaki

                            リンク
                       国際開発センター(IDCJ)評価事業 部
                      グローバルリンクマネージメント(GLM)
                              日本評価学会(JES)

                              
                         (c) 社会改善のためのインパクト評価研究会
                                All rights reserved.
                               無断転載を 禁止します。