プレアデス+地球をひらく鍵 はこちら  → プレアデス


神との対話3      第1章   p30〜31

  • それじゃ、「知っていることを知らない」状態から、「知っている」状態になるには、どうすればいいんですか?
    So how can I get to this place of “knowing that I know” something if I don’t “know that I know”?

  • 「知っていることを知るためには知っているかのように行動する」ことだ。
    To “know that you know, act as if you do.”

  • 日本語訳がありません。
    You mentioned something about that in Book 1 also.


  • ここで、いままでの教えをおさらいしようか。
    Yes. A good place to start here would be to recap what’s gone before in the previous teaching.

  • 「たまたま」ちょうどいい質問がでたからね。              日本語訳がありません。
    And you “just happen” to be asking the right questions, allowing Me to summarize in short form at the beginning of this book the information we discussed in prior material in some detail.

  • さて、一冊目の対話では、存在ー行為ー所有というパラダイムと、ふつうはそれが逆に考えられていることを話したね。
    Now in Book 1, we talked about the Be-Do-Have paradigm, and how most people have it reversed.

  • ほとんどのひとは、何かを(もっとたくさんの時間や金や愛などを)「もって」いれば、 何か(本を書く、趣味を楽しむ、休暇旅行、マイホームを
    買う、人間関係を築くこと)ができる、そうすれば何かに(幸せに、安らかに、満ち足りた、愛情深い人間に)「なれる」と信じている。
    Most people believe if they “have” a thing (more time, money, love?whatever), then they can finally “do”a thing (write a book, take up a hobby, go on vaca-tion, by a home, undertake a relationship), which will allow them to “be” a thing (happy, peaceful, content, or in love).


  • ところが、彼らは存在ー行為ー所有というパラダイムを逆転させている。じつは宇宙では「所有」が「存在」にはつながらない。逆なのだよ。
    In actuality, they are reversing the Be-Do-Have paradigm. In the universe as it really is (as opposed to how you think it is), “havingness”
    does not produce “beingness,” but the other way around.


  • まず、「幸せ」(あるいは「知っている」「賢明だ」「優しい」)という状態になりなさい。その状態から、「行為」を始める。そうすれば、まもなく自分
    の行為が、結果として「所有したい」と思っていたものをもたらすことに気づくだろう。
    First you “be” the thing called “happy” (or “knowing,” or “wise,” or “compassionate,” or whatever); then you start “doing” things from
    this place of beingness? and soon you discover that what you are doing winds up bringing you the things you’ve always wanted to “have.”


  • この創造的プロセスを始動させるには(これはまさに創造のプロセスなのだが)、 自分が「所有」したいものを見つめ、それが「もてたら」自分はどう「なる」だろうと考え、そのとおりになりなさい。
    The way to set this creative process (and that’s what this is. . . the process of creation) into motion is to look at what it is you want to “have,” ask yourself what you think you would “be” if you “had” that, then go right straight to being.


  • そうすれば、いままでの存在ー行為ー所有というパラダイムを逆転させられる。パラダイムを正しく使って、宇宙の創造的な力を働かせることができる。
    In this way you reverse the way you’ve been using the Be-Do-Have paradigm?in actuality,set it right?and work with, rather than against,
    the creative power of the universe.


  • この原則を要約すると、こうなる。人生で、しなければならないことは何もない。
    Here is a short way of stating this principle:  In life, you do not have to do anything.

  • 問題は、何であるかということだけだ。
    It is all a question of what you are being.

  • これは、対話の最後にもう一度とりあげる三つのメッセージのうちのひとつだ。
    This is one of the three messages I will touch on again at the end of our dialogue.


神との対話3       第3章    p85〜87

  • 思考のコントロールとは、最高のかたちの祈りだ。だから、良いこと、正しいことだけを考えなさい。
    Thought control is the highest form of prayer.There fore, think only on good things, and righteous.

  • 否定的なことにこだわり、闇のなかにいてはいけない。
    Dwell not in negativity and darkness.

  • たとえ、ものごとが荒涼として見えても、いや、そういうときこそ、完璧さだけを見つめ、偉大さだけを表現し、それから、つぎにはどんな完璧さの実現を選択しょうかということだけ考えなさい。
    And even in moments when things look bleak―especially in those moments―see only perfection, express only gratefulness, and then imagine only what manifestation of perfection you choose next.

  • この公式におだやかさが見いだされる。このプロセスに平和が見いだされる。この認識に喜びが見いだされる。
    In this formula is found tranquillity. In this process is found peace. In this awareness is found joy.


    Q.  死ぬ前には、どうして思考と創造のあいだにずれがあるんですか。そして、死後だとずれがないのは、どうしてなんですか?
    Why is there such a delay between thought and creation before we die, and no delay at all after we die?
    A.  時間という幻想のなかで動いているからだ。身体を離れると、思考と創造のあいだにずれがなくなるのは、時間というパラメーターからも
    離れるためだよ。
    Because you are working within the illusion of time. There is no delay between thought and creation away from the body, because you are also away from the parameter of time.


    Q.  言い換えると、何度もおっしゃたように、時間というものは存在しないってことですね。
    In other words, as You have said so often, time does not exist.
    A.  あなたがたが理解しているような時間は存在しない。「時間」という現象は、視点の問題なのだ。☆勉強ノート☆  ↓参照
    Not as you understand it. The phenomenon of “time” is really a function of perspective.


    Q.  どうして、身体のなかに宿っているときには、時間が存在するのですか?
    Why does it exist while we are in the body?
    A.  現在という視点に入りこんで、その視点で見るからだ。その視点を道具として使うと、ひとつの出来事を分解し、徹底的に探求し、検討
    できる。生命はひとつの出来事であり、宇宙でたったいま起こっている。すべては一度に起こっている。  あらゆる場所で「時間」はないが、「いま」はある。 「場所」はないが、「ここ」はある。 いま、そしてここ、それが存在するすべてだ。
    You have caused it to by moving into, by assuming, your present perspective. You use this perspective as a tool with which you can explore and examine your experiences much more fully, by separating them into individual pieces, rather than a single occurrence.Life is a single occurrence, an event in the cosmos that is happening right now. All of it is happening. Everywhere.There is no “time” but now. There is no “place” but here.Here and now is All There Is.


    だが、あなたがたは「ここ」と「いま」のすばらしさを細かく経験することを選んだ。いまここで現実を創造する者としての聖なる自己を経験しょうとした。それができるのは二つ、経験の二つの分野しかない。 「時間」と「場所」だ。このすばらしい思いつきに、あなたは文字どおり爆発的な喜びを感じた!爆発的な喜びのなかで、あなたは自分の各部分のあいだに「場所」を創造し、ある部分からある部分に移動する のにかかる「時間」を創り出した。
    Yet you chose to experience the magnificence of here and now in its every detail, and to experience your Divine Self as the here and now creator of that reality. There were only two ways―two fields of experience―in which you could do that. Time and space.So magnificent was this thought that you literally exploded with delight! In that explosion of delight was created space between the parts of you, and the time it took to move from one part of yourself to another.


    ☆勉強ノート☆   誤訳の可能性があると思います。自分なりに訳してみました。停点のことを言っている気がします。
               展望(perspective)の意味としてはどこに立って、どっちの方向を見るのかが大きなポイントのようです。


    *「時」という現象は本当は展望の働きなのだ。*

    *私たちが肉体の中にいると、なぜ時間は存在するのですか?*

    *肉体の中に入り、それを当然だと思い込んだから、その現在の展望に対して時間が生じたのだ。この展望を道具として使い
    なさい。経験したことを個々の断片にまで分解すれば、単独で起きているものとして見るときよりも、はるかに深く探求できるし、
    考察ができる。人生は単独で起きている。たった今起きている宇宙での出来事だ。そのすべてが起こっている最中にある。
    ありとあらゆるところで。今以外に「時」はない。この場以外に「場所」はない。存在するのは、今この場だけだ。*



神との対話3       第4章    p97〜98  .103  .118〜119

  • いまの人生では、個々の認識にもとづいて意識的に創造するのはむずかしいだろうし、まわりを見て、自分の考えが間違っていると思うかも
    しれない。だから、集合的意識に屈服してしまう。それが自分にとって役に立つかどうかは、まったくべつだ。
    In your present life you find it difficult to create con-sciously from your individual awareness, and, indeed, often assume your individual understandings to be wrong, given all that you are seeing around you, and so, you surrender to the collective consciousness, whether it serves you to do so or not.

  • ところが、あなたがたが「来世」と呼ぶ世界に入ったとたんに、集合的意識に屈服するほうがむずかしくなる。 なにしろ、まわりには信じられないようなものが見えるのだから。そこで、自分の認識にこだわりたくなる。それが自分にとって役に立つかどうかは、まったくべつだ。
    In the first moments of what you call the afterlife, on the other hand, you may find it difficult to surrender to the collective consciousness, given all that you are seeing around you (which may be unbelievable to you), and so you will be tempted to hold to your own individual understandings, whether they serve you or not.

  • ほんとうは、低い意識にとりまかれているときに、自分の考えを大事にしたほうが身のためだし、高い意識にとりまかれているときには、
    まわりに屈服したほうが身のためだ。
    I would tell you this: It is when you are surrounded by lower consciousness that you will benefit more from remaining with yourindividual understandings, and when you are surrounded by higher consciousness that you receive greater benefit from surrender.

  • だから、高い意識をもったひとを探し求めるほうが賢い。
    It may, therefore, be wise to seek beings of high con-sciousness.

  • どんなひとと道連れになるかということが、大切なのだ。このことは、いくら強調しても強調しすぎる ことはない。
    I cannot overemphasize the importance of the company you keep.

  • すべては自分の望み、選択、創造しだいで、究極的には創造不可能なものを創造するかどうかが大切になる。つまり、すでに創造されている
    ことを経験できるかどうかだ。
    It is all a matter of desire, of your choosing, of your creating, and, ultimately, of your creating the uncreateable; that is, of your experiencing that which has already been created.

  • これが創造された創造者だ。 動かない動かし手だ。
    This is The Created Creator. The Unmoved Mover.

  • アルファでありオメガ、前であり後ろ、すべてがもつ、いまで過去で永遠であるという側面だ。 それをあなたがたは神と呼ぶ。
    It is the alpha and the omega, the before and the after, the now-then-always aspect of everything, which you call God.

  • 生命はすべて動きだ。岩でさえも動きに満ちている。すべてが動く。すべてだ。
    All of life is motion. Even rocks are filled with motion. Everything moves. Everything.

  • すべては次の瞬間には変わっている。変わらないものはない。  ☆勉強ノート☆  ↓参照
    There is nothing that is not in motion. Therefore, by the very fact of motion, nothing is the same from one moment to the next. Nothing.
  • 同じところにとどまること、あるいはとどまろうとすることは、生命の法則に反した動きだ。それはばかげている。その闘いでは、つねに
    生命が勝つ。
    Remaining the same, or seeking to, moves against the laws of life. This is foolish, because in this struggle, life will always win.

    ☆勉強ノート☆   こなれた日本語訳で解りやすくなっているようです。

    *動いていないものは何もない。*
    *ということは、まさに動くという事実から、ある瞬間から次の瞬間まで同じ状態のものは何もない。*

    *同じ状態で居続けること、同じ状態を求め続けることは、生命の法則に逆らって動くことになる。それはばかげている。
      なぜなら、その闘いでは、つねに生命が勝つからだ。*


  • だから、変化しなさい!そう、変わりなさい!何が「正しく」、何が「間違っている」かという考え方も変えなさい。
    So change! Yes, change! Change your ideas of “right” and “wrong.”

  • あれこれについての意見も変えなさい。自分の組成、自分の構造、自分のモデル、自分の理論を変えなさい。
    Change your notions of this and that. Change your structures, your constructions, your models, your theories.

  • 最も深い真実を変化させなさい。後生だから(for goodness' sake : 神のために)、自分自身を変えなさい。
    Allow your deepest truths to be altered. Alter them yourself, for goodness’ sake.

  • これは文字どおりの意味だよ。神のために、自分自身を変えなさい。ほんとうの自分について新しい考え方をするから成長する。
    I mean that quite literally. Alter them yourself, for goodness’ sake.Because your new idea of Who You Are is where the growth is.
    Your new idea of What Is So is where evolution accelerates.


  • 誰が、何が、どこで、いつ、どのようにして、何故ということについて新しい考え方をすれば、謎が解決し、仕掛けが暴かれ、物語が完結する。
    その時、新しい、もっと大きな物語が始まる。
    Your new idea of the Who, What, Where, When, How, and Why of it is where the mystery gets solved, the plot unravels, the story ends.
    Then you can begin a new story, and a grander one.


  • すべてについての新しい考え、それこそエキサイティングな創造の場であり、あなたのなかの神が現れ、あまるところなく現実化するところだ。
    Your new idea about all of it is where the excitement is, where the creation is, where God-in-you is made manifest and becomes fully realized.

  • それから、自分は邪悪だ、価値がない、とり返しがつかないと思っているひとたちに言っておこう。
    And to those of you who think yourselves to be the evil ones, who think yourselves to be unworthy and irredeemable, I tell you this:

  • いつまでも迷っている者はいないし、これからも決していない。
    There is not a one among you who is lost forever, nor will there ever be.

  • 全員が成長のプロセスにいるからだ。あなたがた全員が進化という経験のなかを進んでいる。
    For you are all, all, in the process of becoming. You are all, all, moving though the experience of evolution.

  • それが、わたしだから。あなたがたを通して、わたしが進んでいるのだから。
    That is what I am up to. Through you.