近眼

近眼の人は、眼球が普通の人よりも大きく、眼軸が長くなっているのが形質です。それを縮めることは手におえないです。でありながら角膜の屈折をチェンジすることで視力をアップさせるのが、「放射状角膜切開術」というものなのです。

 

でありながらこの術法の場合、近眼がアップまたは軽減するというメリットはありますが、そのウイークポイントがあることも確かです。たとえば、かなり奥を傷つけないと屈折度が変わらず、しかも屈折度が一定水準せずに、遠視になる人がいるのが厳しさなのです。

 

これらのウイークポイントを考慮したうえで、また長い目で見てリアルにニーズかどうかをよく考えて、施術を受けるかどうかを納得すべきなのです。

 

日本人の場合、裸眼視力は0.1くらいの人がほとんどです。これらの人が老眼になると、近いところはかえってめがねなしで見えるようになる、というメリットがあることを知ってますでしょうか?

 

矯正施術を受けた場合、術後は両眼共に1.0以上の裸眼視力が得られることがあります。でありながら40代半ばぐらいから老眼を自覚するようになり、老眼鏡が必ずニーズとなります。したがって、矯正施術で近眼が回復しても、めがねはニーズだということなのです。

 

放射状角膜切開術の場合も、当然、度の一定水準しないお子さんには勧められません。また度の一定水準したおとなの方でも、老眼になったあとのことを考えると、危険を冒してまではたして近眼施術で視力をアップさせるべきかどうか、よく考えるニーズがあるのではないでしょうか。

視力アップの加療法

今の時代、クリニック領域の加療は目ざましく発展しているのです。コンタクトレンズ、施術、矯正施術加療、人口水晶体、角膜移植、薬物加療など、チョイス肢が広がりつつあります。視力はどれほどアップするのでしょうか、また目の病気はどこまで治せるのでしょうか。でありながら、まだ歴史が浅い分、セーフティな術法が確立していないものもあります。
セーフティで、絶対的にに加療、回復するためには、どのようなことに留意するニーズがあるのでしょうか?

 

たとえば、最近、視力アップの効き目な方法として、レーシック施術が注目されているのです。でありながらレーシックのセーフティ性、効き目性をうたうクリニック医院でさえ、施術に関する承諾書で以下のような用心点をあげているのです:

 

「術前に近眼が強い人の場合特に、暗いところや夜間に見え方が良くないことがある・また夜間に、明るい光の周辺に輪状のもやがつく(ハロー)、夜間の照明が眩しい(グレア)、放射状に光が見える(スターバスト)ことが、ある。」

 

さらに、「感染等によって重度の視力低下をまねく恐れがある」とさえ述べているのです。
そして「矯正施術が人間の目の加療に応用されるようになって、約20年経つもの、すべての合併症を把握することは手におえないであり、承諾書に書かれたプロブレムや合併症以外のことが起こりうることをご了承ください」と述べているのです。

 

めがねやコンタクトレンズなしの暮らしがどれほど心地よいことであるかは、日ごろ、特にトレーニング時などに不自然を感じていらっしゃる方なら痛い思いをしていらっしゃることでしょう。でありながら、まだこのような「不絶対的にな段階」であることを考え、そのメリットとリスクを考えて、納得のいく視力アップ方法をチョイスすることがポイントです。

更新履歴