岡山 三大温泉

岡山県の中国山地に点在する温泉は名湯が多く、その中でも三大温泉と呼ばれる「湯郷」「奥津」「湯原」温泉と美作町をご紹介します。

美作市(みまさかし)は、岡山県の北東部に位置し、兵庫県および鳥取県と境を接する市。2005年3月31日に勝田郡勝田町、英田郡美作町・大原町・作東町・英田町・東粟倉村の5町1村が合併して発足した。

歴史

市の中心である林野地区は古くから交通の要衝で戦国時代の頃から吉井川を往来する高瀬舟による物資の輸送が活発に行われた。船着場周辺には商人の蔵が立ち並び、やがて倉敷と呼ばれるようになった。江戸時代になると最初に津山藩主になった森氏が津山城下の商人と同程度の権限を当地の商人に与え、東美作の中心と位置付けられる。森氏改易後は幕府の直轄地になり代官所が置かれ、その後も物資の集散地として繁栄を続けた。
明治時代に町村制が施行、1889年に英田郡倉敷村(美作倉敷)とともに窪屋郡倉敷村(現倉敷市、備中倉敷)が発足、岡山県内に二つの倉敷が正式に誕生した。その後、備中倉敷は紡績工場や鉄道等が作られいち早く近代化が進み二つの倉敷の差は徐々に開いてゆくことになる。
備中倉敷の知名度が上がるにつれ、郵便や荷物の誤配が頻発する問題が発生。美作倉敷宛に正式住所を記載しても四分の一くらいが備中倉敷に送られてしまい、交通機関が未発達であった当時は大変な損害を荷主に与えることが少なくなかった。そして、1918年(大正7年)当時の町長が上記の理由から旧郷名の林野郷(はいのごう)に由来する林野(はやしの)町に改名し備中倉敷に倉敷の名を譲った形となった。(美作町史より)

地理

市域の大半は丘陵と山林であり、県境は中国山地を形成し県内最高峰の後山がある。
山: 後山(1344 m)、日名倉山(1047 m)
河川: 吉野川、梶並川、滝川(いずれも吉井川支流)

隣接している自治体

県内

備前市
和気郡和気町
久米郡美咲町
勝田郡勝央町・奈義町
英田郡西粟倉村

県外

兵庫県 宍粟市、佐用郡佐用町
鳥取県 八頭郡智頭町